『低金利キャッシング』







キャッシングをするうえでとても気になるもの,それはやはり金利の事です。一般的に,個人を対象とした,個人向けの小額の融資サービスのことはキャッシングと呼び,その中でも金利の利息の比較的安いサービスのことを低金利キャッシングと呼びます。この低金利キャッシングの
サービスは,銀行などの金融機関が,会社や個人などの資金を必要とする人たちに,金利の利息を得ることを目的として,金銭を貸し出しすることです。低金利キャッシングは,ローンとも呼ばれます。


この低金利キャッシングを利用する理由は,なんといっても金利の利息がほかのキャッシングと比べて比較的安いので,安心できるという点です。キャッシングでの,金利の少しの差は,一見対した額に思えないかもしれませんが,普通のキャッシングを利用するのと,低金利のキャッシングを利用する金利の違いでは,総支払額はかなり変わってくることとなります。


一般的に,低金利キャッシングの金利の利息とは,20%以下の金利のものを低金利キャッシングと呼んでいることが多いようです。このような,低金利キャッシングの申込みの際には,普通のキャッシングの審査よりも低金利キャッシングの審査のほうが厳しく,時間がかかることが多いです。しかし,一旦低金利キャッシングで審査が通れば,借入できる限度額も大きいので,とても便利です。




posted by 格サバ at 10:15 | キャッシング

『カードでキャッシング』






カードでキャッシング(借入)を行うことを,カードキャッシングと呼んでいます。クレジットカードを使って,商品などを購入する事はカードショッピングです。カードキャッシングは,カードで現金を借り入れることを指します。このカードキャッシングでは,通常は限度額が100万円〜150万円で,金利の利息も以前ほど高くはないみたいです。


このカードキャッシングの便利な点は,カードの会社と提携している銀行やATMなどでもカードでのキャッシングが利用できるということです。また,このカードでのキャッシングは,銀行系や信販系,流通会社系などの多くのクレジットカードの会社にて利用することができるようになっています。

カードキャッシングの場合の融資利率は,銀行系で27.8%〜29.2%,信販系で13.27%〜26.28%,流通会社系で14.6%〜25.6%くらいが一般的です。

さて,カードキャッシングの審査のことですが,消費者金融と銀行系などのカードローンでは,即日審査のところがほとんどです。ところが,このカードキャッシングの場合には,審査だけで最短で4日ほどかかるところもあるようです。またカードキャッシングでは,即日でカードを
発行してくれるところもありますが,1,2週間ほどかかるところまであるようです。




posted by 格サバ at 23:22 | キャッシング

『キャッシングの申込』






まとまったお金が必要なときに,少し予算が足りない時に…などとても便利なキャッシング。

キャッシングを利用する為には,まずキャッシングの申込みをする必要がありますが,ではキャッシングの申込みはどのようにすれば良いのでしょう。
キャッシングの申込みをする前にまず考えるべき大切な事は,「どれくらいの金額を借りたら無理なく返済をできるのか」です。

キャッシングの申込みをする前に,年収や,毎月の出費(生活費など)はもちろん,急な出費ができたことなども考慮して,毎月どのくらいの金額であれば返済をできるのかをきっちりとキャッシングの申込みをするにあたってシミュレーションしなければなりません。


借入先を探す時には,自分にあった借入先を探すようにしましょう。30日以内に必ず返済ができる状態であれば,30日間は無利息の期間のある借入先であれば,金利をかけずに借入をする事ができるわけです。
どれくらいの金額をどの借入先で借入するのかが決定すれば,あとはキャッシングの申込みをすることになりますが,ほとんどの場合インターネット上でのキャッシングの申込みをする事ができるようになっています。

中には,インターネットからのキャッシングの申込みであれば,インターネット申込みの特別金利で借入ができるところもあるそうです。




posted by 格サバ at 19:07 | キャッシング

『即日のキャッシング』






すぐにでもお金が必要な時にとても頼りになるものが,キャッシングです。そのキャッシングにもいろいろな種類があり,即日で借入れができるスピーディなキャッシングを,即日のキャッシングと呼んでいます。この即日キャッシングは,即日で借入れができるように,通常時間がそれなりにかかるキャッシングの審査も,1分以内で審査が完了するものになっているものが多いです。


また,即日のキャッシングは申込み自体も,自宅に居ながらにして,インターネットや電話などで申込みができるものがとても便利です。

このような即日のキャッシングのスピーディな審査の中で,最も審査が早い,と言われている即日のキャッシングのサービスは,「プロミス」です。このプロミスの即日のキャッシングのサービスでは,借入れの限度額は50万,審査時間はなんと約1秒程でできてしまうので,忙しい人にとても便利なサービスです。


また「三菱東京UFJ銀行グループ」のDCキャッシュワンの即日キャッシングサービスは,借入れ限度額が300万,審査時間は最短で3秒と,こちらもとてもスピーディな審査になっていて便利です。「三井住友銀行グループ」のアットローンは限度額が300万で,審査時間は最短で5秒,振込まで最短で30分です。このように,即日のキャッシングサービスは,時間のない忙しい人に便利なサービスとなっています。




posted by 格サバ at 09:51 | キャッシング

『キャッシングの審査』






キャッシングを利用するためには,申込みをした後,キャッシングの審査を受けて,その審査に通らなければキャッシングを利用することはできないようになっています。

キャッシングの審査はどのような事をするのかというと,まずキャッシングの審査では,申込者の証明書や顔や住所などの個人情報を照合します。さらにキャッシングの審査では,その申込者に支払う能力があるのか,保証人はいるのかなども調べます。対面の窓口での,キャッシングの審査もありますが,最近では電話やインターネットを使った審査もできるようになっているので,とても便利です。


また,キャッシングの審査では,申込者の過去の借金歴なども調べることになります。また,クレジットカードなどの利用の際に一度でも滞納があれば,キャッシングでの利用限度額に影響がでたり,その度合いによってはキャッシングの審査に通らないということも出てくるようです。


また,普通の消費者金融で借りれない為に,ヤミ金融などからお金を借りたりした場合もその履歴はきちんと残るため,銀行などの金融機関での利用の際に影響がでたりすることもあります。キャッシュカードなどの使用歴は7年間ほど保管されていくので,きちんと考えて利用することが必要だといえます。




posted by 格サバ at 07:27 | キャッシング

無人契約機でキャッシング申し込み






順番が前後してしまいましたが、元々インターネットで申し込みが一般的になる前はこの無人契約機でのキャッシングが一般的でした。


手続きはほとんど店頭での形式と同じですがちょっと人気のないところにひっそりと鎮座している無人契約機はちょっと入るのが怖いかも知れません。無人契約機にはいると端末についているマイクからセンターのオペレーターの声が聞こえてきます。

ここで店頭と同じような形で案内が始まり端末から出てくる申込書などを記入し身分証明書のコピーがその場でとられます。また、端末にはカメラがついていてこちらの行動は全て見えているようですので他人の免許証などで偽造はできないようになっています。


また店頭と同じように質問をされ、在籍確認、審査を行うと融資限度額の案内がされます。条件などに納得できたらそのまま契約になります。やはり無人契約機と併設されている(または同じ機械が二つを兼ねている場合もある)キャッシュディスペンサーで借入ができるようになっているのでそちらでキャッシングをおこなえます。


人目に付かないところの無人契約機は確かに目立たないかも知れませんが逆に人気がないから人に見つかると目立ってしまうでしょう、最近はそのためか逆に人の多いところに作られる無人契約機も多くなっています。




posted by 格サバ at 11:16 | キャッシング

キャッシングを店頭で申し込む






キャッシングの会社のイメージとしてタレントが店頭の受付と同じ服装で出ている広告が非常に多いです。今では店頭に出向くことなど少なくなっているとお思いの方も多いかも知れませんが。インターネットでの申し込みが多くなってきたものの店頭に出向いて手続きをする人もまだまだ多いようです。最大のメリットは疑問点について徹底的に説明を聞ける点でしょう。キャッシングにおいて最も重要なのがやはり返済方法です。この点について分からないことの内容にしっかりとキャッシング内容を聞いておきましょう。


申込書の記入に移ったら本籍地や勤務先などを記入し身分証のコピーをとられたら受付係がデータを照会します。そのまま簡単な質問に移行し、インターネットでの申し込みと同じく在籍確認や審査が行われます。


審査の結果で利用限度額が決まり、限度額に納得できれば契約に移ります。もしもっと借りたいなどといった形で納得できないのなら断ってしまうこともこの段階では大丈夫でしょう。契約書にサインをしたら契約終了でカキャッシュカードが発行されます。


一般的に現金を店頭に置くことは無く、店頭のすぐ外においてあるキャッシュディスペンサーを利用するスタイルが今では一般的です。




posted by 格サバ at 21:23 | キャッシング

インターネットでキャッシングに申し込む2






審査が終了すると改めてキャッシング会社から連絡が入ります。審査で融資が可能であればカードを受け取らなくてはいけません。カードを発行する方法は主に2つあります。


一つは郵送やメール便などを使う方法です。この方法だとカードが届く前に書類が送られてきて、書類と身分証を返送する形になります。届けられる封筒には担当者の名前が書いてあるだけでカード会社の名前などは入っていません。数日でカードが発行され届きます。基本的にはカードの発行は数日で済むところが一般的ですが場合によっては時間がかかってしまうこともあるようです。カードが届いたらそのままキャッシングが可能になります。


もう一つの方法は身分証などを持って店頭に出向き直接カードを発行する方法です。この場合も書類が自宅に届けられる場合がありますが会社のロゴの入ったものではなく茶封筒などで担当者の名前が書かれているだけのものがほとんどです。その場でカードを受け取ったら店頭とは別の場所においてあるキャッシュディスペンサーでキャッシングが行えるようになります。

会社によっては流れが前後する場合もありますが基本的にはこの流れでキャッシングの申し込みは完了します。




posted by 格サバ at 18:05 | キャッシング

インターネットでキャッシングに申し込む






近くに店頭が無かったり通行人の人目が気になる人のために今ではインターネットでキャッシング申し込みができるようになっています。今までは無人契約機にしろ店頭にしろキャッシングの際はまず店頭などに出向く必要があったのですが今ではこれもネットで解決されています。(ただし、最終段階で店頭に出向く必要があるものもあります。)


また、今ではポイント系の懸賞サイトで申し込む事でポイントなどのボーナスが大きいのでそれをねらって融資を受けるつもりはないがキャッシング申し込みだけするような人も多いようです。そのときもカード発行でポイントがつくところからカードを作ってから融資を受けた時点で初めてポイントになるところまで様々なようです。


方法としては、まずインターネットでキャッシング申し込みを行っているサイトへ移動します。そこで利用前の確認、規約などに同意した上で申し込みフォームに細かい個人情報を記入し、希望金額などを書いていきます。申し込みが終了すると。キャッシングの際の審査を金融業者が開始します。家や勤め先などに電話がかかってくるのが一般的です。その際はキャッシング会社の名前などを出すことはなく担当者の名前で申込者が在籍しているかを確認するのみなので問題ないでしょう。




posted by 格サバ at 20:45 | キャッシング

キャッシングの知識 返済の種類3






キャッシングの支払い方法として有名なものにリボ払いとともにメジャーになった支払い方法で「残高スライド方式」と言うものがあります。リボ払いと言うとクレジット払いのイメージが多いようですが、実はキャッシングの際にも採用されているもので残高が変動しやすいリボルビング契約のキャッシングではすでに一般的な支払い方法になっています。貸し付けている残高に応じて毎月の返済額が一定額ごとに変動する方式です。


この場合に注意するのは返済する金額が変わらないために借入の合計を忘れて借りすぎてしまわないようにすることです。一般的に最もカード利用で失敗するケースはリボルビングと言われるほど気軽に利用できる返済方法です。返済額が低めに設定されていると毎月の返済額より借入が大きくなってしまうなどといった事にもなりかねないので注意が必要です。残額スライド方式を多く採用しているのはキャッシングの中でも消費者金融などのように頻繁に追加貸付が行われるローンのようです。


特に消費者金融系のキャッシングは金利が高めに設定されているところが多いので余計に注意が必要になるでしょう。その点もまた、注意が必要になってくるでしょう。





posted by 格サバ at 21:09 | キャッシング

キャッシングの知識 返済の種類






キャッシングにも多くの種類があり、キャッシングによって返済の方法なども異なってきます。


また、返済の方式が自分で選択できるキャッシングサービスも存在しているようです。ローンという意味で言えば一般的なのが「元利定額返済方式」です。この方式は、各返済日に一回の返済額が毎月同額の返済方式です。キャッシュフローが一定なので返済金額がわかりやすいのが最大の特徴です。ただし、ローン返済期間の初めは利息に充当されるので残高が減りにくいという欠点も持っています。


一般的には住宅ローンなどで設定されるタイプの返済方式で、キャッシングの場合はあまり見かけないタイプの返済方式ですがキャッシング経由での買い物の分割払いをするとキャッシング並の利息で分割払いをすることもできるようです。

もちろん、クレジット払いで分割する事ができるのならその方が安い場合が多いのであまりお勧めできる方法ではないでしょう。


posted by 格サバ at 20:57 | キャッシング

キャッシングの知識 返済






キャッシングにおいて融資の次の段階であり、最も重要になってくるのがこの返済です。借り入れ側を債務者と呼び、キャッシング業者を債権者と呼びます。債権者は、負債者から元本(または元金と呼ぶ)と利息を受け取る権利があります。また債務者は融資金額の元本と融資金額にかかる利息を支払う義務があります。


返済といっても様々な方法があり、ATM(キャッシュディスペンサーからは返済できないのが一般的です。)から期日までの好きなタイミングの振込書が送られてくるようなタイプがある。また、毎月の自動引き落としのようなものまで存在している。一長一短ではあるが確実に返せるものなのならキャッシングして時間のたたないうちに完済してしまうのが最も理想的な形なのですが、現実は分散して返済することになるでしょう。


また利息のタイプには返済をしている間にも利息が日割り計算で増えていくタイプと初めから返済プランに沿って利息が計算され初めから上乗せされるタイプ。大きく分けると二つのタイプがある。これは返済の方式によって変わってくるものなのでキャッシングの前には必で返済を行えるキャッシングサービスと定期的に返済用ず確認しておくべきでしょう。


posted by 格サバ at 09:01 | キャッシング

キャッシングの知識 融資






融資とは銀行・または消費者金融などが利息を得るために個人、または企業などの資金需要者に対して金銭を貸し出すことを言う。


融資の前には企業の業務内容、経営状態、信用情報、そして担保などの価値を審査し、融資を行う事となる。キャッシングの場合は個人に対して融資することになる。その際は企業ほどではないが審査が行われ、信用情報が主な審査の対象となる。


個人に対しての融資でも、個人に対しての融資でも一般的に住宅ローンなどと比べると無目的のキャッシングの方が融資金額が小さく、またそのため利息も大きくなっている。


融資を受けた側は、それを資金として業務を行い、営利活動から出た利益の一部を利子として支払う。個人の場合は、翌月の給料などから返済をすることとなる。


つまり、返済した分、翌月の生活が圧迫されることになることを計算に入れないと翌月に返済した分をまた借り入れるような非効率的な状態にも陥りかねない点は十分注意が必要。一般的に言われるようにその点が「ご利用は計画的に」と言う言葉に集約されているとでも言えばわかりやすいでしょうか?くれぐれもカード破産のような事だけは避けたいものである。


そのためか、昔に比べると融資の上限が初めから低めに設定されているキャッシング業者も多くあるようだ。


posted by 格サバ at 20:36 | キャッシング

キャッシングとはなにか







消費者金融、銀行などの金融機関が個人に対して融資する事をキャッシングという。小口融資のため、利息が高めに設定されているのも大きな特徴です。基本的にはキャッシュカードなどを使いATMまたはキャッシュディスペンサーから現金を引き出すようにして貸し出される小口の融資のことを言う。


最近になってネットキャッシングなどATMなどの端末を介さないタイプのキャッシングも多く見られるようになったものの、多くは前者の用にキャッシュカードでの引き出しがほとんどです。インターネット以外にも電話で申し込むものやそのほか様々なタイプのキャッシングがあるようですが、今の現状としてはインターネットキャッシング、テレホンキャッシングなどといった言葉を使うことはほとんど無く、世間一般に言われているようにキャッシングというひとくくりの言葉で締めくくられている。


また、最近では一部の企業がキャッシングの際の利息が高すぎるとして問題が浮上し、話題になったもののすでに忘れられたかのような扱いになっている。しかし、それまで以上に業界への監視が強くなり今までのような利息の形態が少しずつではあるが法整備もすすみ変わってくる可能性が高いようです。


posted by 格サバ at 15:22 | キャッシング

カードローンの使い方






カードローンの上手な使い方についていろいろと調べています。

クレジットカードを使っての借り入れやショッピングは一切しないことが、お金に関して心配のない生活を確保するための一番の方法だと考えれられますが、カードローンを使うメリットや、カードには便利な機能もたくさんついているので一概には、カードを持たないほうが良いとも言えません。


第一に気をつけたいのが、クレジットカードも現金であると認識することです。カードを使用することで、ポイントが付いたり、割引をしてくれたり、特典はいろいろあります。これらの便利な機能はあくまでも利息付の借金だと考えることです。間違った認識をして間違った使い方をすると、カードローン地獄へと落ちてしまいます。カードを持ったことが無い人は、どの会社のカードローンが良いのか、しっかりと事前に調べておくことが必要です。自分がいつも使っているデパートや、よく利用するお店など、自分にとって少しでも得するカードの方が、使っていて楽しいものとなります。


そして、カードローンの利用限度額を確認し、借りる場合は、収入に見合った金額と照らし合わせ、その額を決めていくことです。そして、支払方法が選択できるので、収入の目安を参考に、一括払い、分割払い、リボルビング払いを選んで、計画的に返済していきましょう。カードは、ただカードローン地獄へと導く危険なものではなくて、本来は、自分の生活に役に立つものですよね。カードを持つ者の責任として、上手に利用して欲しいですよね。お金を借りているという自覚が必要です。これがあればカードローン地獄とは無縁です。要は使い方を自分で考えることが重要なのです。いま現在も返済に追われカードローン地獄真っ只中の人もいるかも知れません。

今までのカードの使い方が正しいのか間違っているのか、もう一度見直す必要があります。さらに深い本当の地獄へ落ちる前にです。




posted by 格サバ at 11:28 | キャッシング

カードローン地獄





カードローン地獄へ落ちないように。カードを利用する際に返済に困ることを前提に借り入れをする人は誰もいないでしょう。誰しも、たくさんあるカードローン種類やその仕組みを理解して、自分の貯金や収入をきちんと把握した上で、カードローンを使用していると思うのですが。


そんな方しっかりと準備をして借り入れをした人でも、「カードがあるから大丈夫」というちょっとした心の油断が原因で知らないうちにカードローン地獄が始まっていたという場合も少なくありません。学校を卒業して、晴れて社会人となって、はじめてカードが持てる喜びもあると思います。

しかし、その喜びに浮かれて支払いは全部カードを使ってなんでも買い物をしていると、後が怖いですよ。カードローンは大変便利なものですが、カードの利用の仕方を間違えると、天使にもなり、悪魔にもなるとても怖いものです。いろんな機能がついてメリットもたくさんあるので、いまや生活に切っても切り離せないものとなっていることも怖い存在のひとつです。

カードローンを安易に考えていると、多くの方がいつのまにか自分のお金と勘違いして、普段の買い物でどんどん利用してしまい、届いた明細書を見てビックリということもあるようです。このような失敗をしないようにカードローンは借りているお金なのだといつも自覚していれば、使い過ぎず、生活にとって便利なものとなります。とっても便利なカードローンですが、あくまでも自分の貯金でも収入でもないことをいつも覚えておくことが大切です。返済期日が来ても、自分の収入だけでは支払えない額になっていて、やむを得ずカードローンを利用して、お金を借りることになります。


一度の利用で返済が終われば問題ないのですが、新たな借り入れをしてしまうと、人間の心の弱さなのでしょう、いつでも借りることが出来るからとついつい利用してしまうようです。知らないうちに利息も加わって、返済額が予想以上に増えていて返済に追われるように・・・。


ささいなきっかけから、カード会社を増やしたばっかりに、意識していなくてもついつい複数枚のカードを使うようになる可能性は高いようです。そして、いつの間にか利用明細書の山が届くようになり、ついには督促状の山となって、カードローン地獄から抜け出せなくなってしまうのです。ほんの些細な気のゆるみから、借金地獄へと落ちてしまうのです。自分に限ってそんなことは無い。大丈夫だと思っていた人もカードローン地獄に陥っているようです。


自分には関係ないことだと思っている人も、ぜひ気を付けてください。自覚症状のないうちにカードローン地獄へ落ちていたという人も多いようですから。

posted by 格サバ at 11:23 | キャッシング

カードローンの知識






カードローンとはどういう仕組みになっているのか基本的なことについて調べてみました。

はじめに、ローン会社でクレジットカードローンを申請する際に、クレ

ジットカードの利用限度額というものを決めますよね。それとは別に、

カードローン利用限度額を決めるのです。会員ごとに、それぞれ個別の

審査を行って、利用限度額が決まります。その利用限度額の範囲内であ

れば、自由にお金を借りることが出来るシステムなのです。利用限度額

の範囲内ならば、いつでも何回でも、ATMなどでお金を簡単に借りる

ことが可能となります。その会員ごとに決められる利用限度額について

は、基本的に50万円、年収の1割までとなっているようです。キャッシ

ングもお金を借りることをいいますが、個人向けの融資と考えた方が適

切です。その返済は、一括で支払わなければなりません。カードローン

の方がキャッシングの金額よりも多く借りることが出来ます。

もちろん返済しなければなりませんが、リボルビング払いが出来ます。

分割して支払えるというわけです。カードには銀行系のカード、信販系

のカード、消費者金融系カードがあります。このようにカードローンを

扱う金融機関によってカードの種類が分類されます。それらのカードロ

ーンにはそれぞれ特徴があります。銀行系カードで借りる場合のメリッ

トは、利息が低いので無理なく返済することができることです。しかし

審査が非常に厳しく、借りるまでに時間がかかってしまうのがデメリッ

トです。信販系のカードは、クレジット機能がついています。お金を借

りることはもちろん、カードでショッピング出来て、その際のローンも

出来るということです。銀行系のカードと比べると利息は高いですが、

審査が早いのですぐに借りることが出来るのです。消費者金融系のカー

ドは、審査がどこよりも早く、すぐに借りることが出来ますが、非常に

利息が高く、銀行系や信販系の返済の額とはかなり違ってきます。カー

ドローンを利用するときには、無理のない返済を心がけるためにも、し

っかりと情報収集してカード会社を選びたいものですね。カードを作る

際には、メリット・デメリットを理解し自分の返済スタイルに合ったも

のを選択することがポイントです。しっかりと利点を理解した上で、ど

のカードローンにするか決めましょう。誰でも生活していれば、急にお

金が必要になるときもあります。毎月のお給料では足りない時もありま

すから。
posted by 格サバ at 09:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | キャッシング

カードキャッシング時の心構え






キャッシングによる借り入れをする時に注意したいこと。

カードキャッシングで即日お金を借りることができるといっても、それは自分のお金ではありません。キャッシングする時に必要なのは返せる範囲内でのみ、お金を借りることです。

決して借りたお金は自分のお金では無いのです。借りてきたキャッシング会社のお金だということを忘れないことが大事です。とくに借り入れ金額が大きくなるにつれて、手続きがカンタンということもあり、自分のお金と錯覚してしまいがちになるようです。自分のお金でもないということをいつも気に留めておく事が大切です。自分のお金であるような錯覚を持つので、カンタンなATMの手続きでお金を借りてしまい、自分の持っている口座からお金を引き出したような感覚になってしまう場合も少なくないようです。

そんな時こそカードキャッシングの返済に苦労することになるのです。そうなると、自分の稼ぐお金より使うお金の方が多い状態となり、カードのキャッシング返済が全く追いつかないということにもなってきます。このような怖い状況に陥らない為にも、お金を借り入れする際には、少しでも金利が低くて条件の良いクレジット会社を選ぶようにしたいものです。借り入れしていることを安易にしておかず、キャッシングの状態、とくに現在の借入額、月々のカードのキャッシング返済額、そして完済までの総額と回数を把握するようにしましょう。

把握できていない人は、毎月の返済額が収入の20%を超えている人は要注意です。カードキャッシングの借入額が20%を超えているのであれば、至急、カードキャッシング返済の具体的な対策を立てる必要があります。

最近では各キャッシング会社のテレビコマーシャルにも出てきますが、しっかりとした返済計画を立てたうえでキャッシングを利用して、無理のない返済が出来るようにしておきましょう。毎月の返済計画のもと、しっかりと返済をしていれば、キャッシング会社への信用が付くようになるので、融資限度額の増額や借入れ利率の引下げなどの優遇措置をしてくれるようになります。

posted by 格サバ at 22:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | キャッシング

キャッシングローンの基本






キャッシングローンの基本について調べています。


カードキャッシングとは、クレジットカードやローン専用カードを使っ

て受ける小口の融資です。手続きは簡単にできて、通常はATM(現金自

動預払機)やCD(現金自動貸出機)を利用します。カンタンな手続きの

キャッシングローンは、急なお金が必要な時などは便利です。カードの

キャッシング返済には、銀行の自動引き落としやコンビニ払い、ATM

(現金自動預払機)、CD(現金自動貸出機)などの方法があります。お

金の返済日については、カードキャッシングでお金を借りた場合は、キ

ャッシングの契約時に決まります。カードキャッシングの返済方法は、

基本的には月1回の返済になっています。具体的な返済回数や返済金額

を指定する方法のほかにも、幾つかある中から選択する方法があるカー

ド会社もあります。カードのキャッシング返済において、利息は基本的

に1日単位でかかります。ですから返済が一日遅れても、その日の分だ

けでも利息が加算されてしまうので注意が必要です。利息は1日単位な

ので、たとえば借りた日に全額返済すれば、利息は原則かかりません。

カードでのキャッシングを利用した場合の利息の上限は、29.2%ま

でと法律で決められており、だいたい年8%〜20%くらいになってい

ます。無駄な出費を避けるため、カードキャッシングの借り入れる時

に、カードのキャッシング返済についてははっきりとした計画を立てて

おきましょう。自分自身が返済できる範囲内の金額を借りるようにしま

しょう。そして利息の増え方などもしっかり把握しておく方が、キャッ

シング利用後のスムーズな借入金の返済に繋がるのです。

posted by 格サバ at 23:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | キャッシング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。